_MG_9426-2

_MG_9460-2

朝夕すっかり涼しくなって来た。寒いくらいだ。この日は晴天、朝露の浮く彼岸花を期待して

早朝、店の裏の田んぼの畔に行った。

日陰の彼岸花です。あまり彼岸花を好まれない方も多いようです。

秋の代表の花として撮ってみました。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」。
ちょっと涼しくなってきた9月中旬頃、
突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、
数日で花が終わって茎だけになる。
花が白い種類もある。
(白花曼珠沙華(しろばなまんじゅしゃげ)

根のところにはリコリンという毒があるが、
この毒は水で何回もさらせばとれるので
昔の人はこの根の部分からデンプンをとって
飢饉の際の食料とした。
・田んぼのあぜ道や土手に多くみかけるが、
これはノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐ、
という説と、
彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に
植えてあぜの作りを強くするため、
などの説がある。                    季節の花300より引用

_MG_9443-2

_MG_9458-2

通勤の車で道路は賑やかだった。小学生が登校して来る。

草陰に潜んで撮影する私は変なおばさんかな?

人が忙しくしているのを尻目にほんの15分程の撮影タイムでした。

きれいな海ええもん、うまいもんで一杯の丹後では海水浴マリンスポーツバーベキューも楽しめます。 お米京野菜美味しい丹後の地酒はもちろん、手作りアイスクリーム、手摘みのブルーベリー19世紀の味の店など盛りだくさん。お泊まりは料理自慢、でのんびりゆっくりと出来るお宿へ!!療整院開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。