_MG_2117-2

6月3日の夕方、店の裏から写しました。

広く覆われた雲の中から叫ぶような夕日が面白かった・・・

5月に豊岡に大型店がオープンして以来、低迷気味だったわが店も6月に入ってようやく徐々に

元に戻りつつあります。

私の相方が午後4時から夕方に向けて鮮魚の調理をしに来てくれています。

その日入荷の魚をその日のうちに調理して、お忙しい夕方の客様にお役に立ちたいと・・・

その甲斐あって店も少しずつではありますが活気が出てき始めました。

惣菜部では夕方に向けて天ぷらを始めました。これも好評です。

みんなで力を合わせて挽回です。

 

しばらくブログをお休みするといっていましたが、気分転換に写真を撮ってみました。

知人宅のお庭に行って見ました。

ジキタリス・薔薇(アンジェラ)

二色ウツギ・ジキタリス     です。

tijinnonihanohana

実家の母も一時呼吸停止で心配されたのですが持治し、流動食ではありますが少しずつ通る

ようになりました。

自分が安心、納得がいくようにほとんど毎日母の顔を見に施設に通っています。

今やターミナル(最終介護)になって母に何をしてやれることができるだろう・・・

母の好きな桜を私が写した写真を持っていってみたり、顔をなでてなでて・・「お母ちゃん、大好き!

。一日でも長く生きて頂戴。応援しているよ!」と耳元でささやいています。

EMXの水を持っていって食事に混ぜて食べさせてもらっています。

職員さんも一生懸命、介護をしてくださって大変ありがたいです。

母はアルツハイマーを患っているので分かっているのか分かっていないのか分からないけれど

職員さんは一生懸命話しかけてくださる。 ありがたいことです。

皆さんの愛情のおかげで今日は食事が完食できたそうです。

まるで奇跡のようです。

残された母の命!どうか穏やかに安らかに生きて欲しいです。わたしも納得の行くように母に接して

やりたいと思います。