今日は良く似た花の紹介です。

IMG_2826

花が上まで咲いたら梅雨明け合図!の葵

・葵(あおい)科。
・学名  Althaea rosea
Althaea : アルテア属
rosea   : バラのような
Althaea(アルテア)は、ギリシャ語の
「althaino(治療)」が語源。
薬効があることから。

mukuge
・葵(あおい)科。
・学名  Hibiscus syriacus
Hibiscus : フヨウ(ハイビスカス)属
syriacus : シリア(小アジア)の
・開花時期は、  6/25頃~10/15頃。
・中国原産。平安時代に渡来。
・中国名を「木槿(ムージン)」と呼ぶ。
漢字はこの字があてられている。
漢名の「木槿」の音読み「もくきん」が
変化して「むくげ」となったとも、
韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」または
「ムキュウゲ」が変化して「むくげ」となった、
ともいわれる。

haibisukasu

・葵(あおい)科。
・学名  Hibiscus rosa-sinensis
Hibiscus : フヨウ(ハイビスカス)属
rosa-sinensis : 中国のバラの
Hibiscus は、エジプトの神「Hibis」と
ギリシャ語の「isko(似る)」が語源らしい。
・夏に開花する。
・インド洋や太平洋の島々が原産地。
ハワイに持ち込まれてから広まった。
ハワイ州の州花。
摘んでもなかなかしおれないので
「レイ(花の首飾り)」に使われる。
・ネパールでは聖なる花として
大切にされている。
・学名は「ヒビスカス」だが、
一般には「ハイビスカス」と呼ばれる。

pinkunohuyou1

・葵(あおい)科。
・学名  Hibiscus mutabilis(芙蓉)
Hibiscus mutabilis cv. Versicolor
(酔芙蓉)
Hibiscus   : フヨウ(ハイビスカス)属
mutabilis  : 変わりやすい、不安定な
versicolor : 変色の、種々な色のある

・開花時期は、  8/  1頃~10/  5頃。
・ピンク色の大型の花。
枯れたあとの姿も印象的(”枯れ芙蓉”)。
・昔から美しい人のたとえに用いられている花で、
美しくしとやかな顔立ちのことを
「芙蓉の顔」という。

いずれの花もも葵科でそれぞれの環境にあった葉や花に変化しています。

芙蓉が咲き終わるまでに紹介しました。    ほっ!