よく晴れた4月の上旬、私の故郷久美浜町須田、おせん橋の桜を撮ってきました。

osenbasi1

左下におせんの霊位と記した墓石があります。これはきっと何か物語があるに違いないとネットで調べるのですがどうもわかりません。

右はおよそ50年ほど前の耕地整理の記念碑だったと思います。

osenbasi2

とてものどかで散歩するご婦人も足取り軽やかです。須田から市場へと桜並木は続きます。

osenbasi3

osenbasi4

市場口から、農作業の話し合いがあるのだろうか・・農家の人達の活気のある話し声が聞こえる。そよ吹く春風が心地よい。

さて、こうのとりの近況です。

sutouniwa2

これは4月18日の朝、9時ごろです。コウチャンが卵を温め、ハチベイが寄り添っています。じっと見ていたいけれど配達の行ってこなければなりません。

sutouniwa10

今度は選手交代です。ハチベイが温めています。こうやってこうのとり夫婦は力をあわせて卵を孵化させます。

sutouniwa11

sisatupea2

やがてコウチャンは朝食をしに出かけて行きました。

4月19日、午前9時半頃また彼らを見に行きました。そのときはまだ卵は孵っていなかった。

後で有線放送で知ったのですが、お昼ごろコウチャンが雛に餌を与える仕草をした・・とこうのとりの里から発表されました。

何羽孵ったのでしょうか。嬉しいですね。