秋葉神社の日は惣菜部もちがいご飯炊きで大忙しなのです。

この日は大雪で惣菜部のメンバーのひとりが早朝出勤するべく、家を出たのですが、除雪ができていなくて、引き返すことになり、御主人に送ってきてもらったそうです。

仕事を終え、ご主人の迎えを、休憩室で夜9時まで待たせてほしいと言います。

それなら送りましょう・・ということになりました。

彼女の家は久美浜町市場です。

夕方になって少し晴れ間が見えてきました。彼女(実は姉)を送る途中、支柱にコウノトリ

二羽を発見しました。送ったあと、そっとそっと近づいて車中から撮影です。

itibanokounotori1

田んぼの水はうっすらと凍り、支柱の上は風がきつい、コウノトリの羽が
震えています。

itibanokounotori2

それでも二羽のコウノトリは寄り添って二人の世界です。

_MG_6387-2-500

このコウノトリ8号と10号らしいです。今年の春には2世誕生となれば嬉しいです。