2月11日に主人と兵庫県神崎郡神河町の扁妙の滝に行って来ました。

自宅から2時間ほどかかってグリーンエコー笠形内レストランまで行き、ここから5分ほど上がった所が、駐車場です。
そこから25分程かかって扁妙の滝に登ります。
主人は三脚を持ってくれてサッサとどんどん、登って行きます。ああ私は我が身が重い・・痩せなければあ・・
o-nennotaki
先ずは下流のオーネンの滝がお出迎えです。
ここから歩くこと30分・・結構キツイです。
henmyonitaki6
henmyonotaki5
henmyonotaki0
 扁妙と言う名称は江戸 時代初期に滝近くに不動明王をまつった僧の扁妙に由来するとされる。
落差65mの段瀑 で、冬期に凍結する「氷瀑」として有名です。
henmyonotaki3
滝のが聞こえます。飛沫が凍ります。まるでお姫様のかんざしのようです。
henmyounotaki2-580f
扁妙の滝は落差約70m、この滝は冬の厳寒期になると全体が氷結します。