1月28日、堅木屋さん、岡田博之さんのお誘いで、川口さん、村岡さん、私の4名で京都府南丹市美山に行って来ました。

川に沿って建てられた民家のうちおよそ250棟は、昔ながらの茅葺き民家で、
特に北集落は茅葺き民家が多く残っており、自然景観と、茅葺き民家が調和して、
日本の農村の原風景とも言うべき風情を呈している。
この集落は国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

午後2時半にジョイクックおくだに集合、出発です。4時過ぎに現地に到着です。

小雪舞うなか、撮影準備です。ところが、私の三脚が壊れてしまった・・足が抜けてしまった。岡田さんと川口さんが応急に使えるように直してもらって今回の撮影を事なきを得ました。

junnbi

ボツボツ灯篭に明かりが灯されていきます。村岡さん、撮影の準備です。

miyamanosato,posuto

暮れ行く美山、ポストの赤が際立つ・・レトロな世界

miyamanosato.kazaritourou

竹の飾り灯篭が粋な感じです。みんな地元の方の手作りなんですね。

tourou

miyamanosatominka1

miyamanosatominka2

すっかり日が暮れてライトアップされた茅葺の民家が映えるとき!

多くのカメラマン、散策する人々で月曜日なのに賑やかです。

miyamanosatotohosi

キーンと張り詰めた空気、茅葺の屋根から煙が排される。室内の梁、柱を黒光りさせるためなのでしょうか?演出なのでしょうか。カメラマンは嬉しいですね!

星まで撮れて、とてもラッキーでした。