3月24、25日に主人の還暦の祝いに3人の息子たちが「夫婦で旅行に行っておいで」と

有馬温泉の旅館を手配してくれた。次男の運転で3人で主人にあやかって楽しい一泊二日の

旅行をして来た。

 

IMG_9489

IMG_9499

宿”兵衛向陽閣”に到着し、先ずは外湯に向かう。

左の写真、有馬橋にて・・  金湯(にごり湯)と銀湯(透明湯)があり、最初に

金湯に寄ると
休業だったので銀湯に向かう。

右の写真は太閤湯殿付近、近くには極楽寺もある。

IMG_9501
    

太閤湯殿より少し上に銀の湯があった。さほど大きくなく気軽に入れる銭湯のようだった。

お湯は透明だった。さほど日が暮れていなかったので人も少ない。ゆったりと旅の疲れを

癒す。

待たせては悪いと思っていつもより早く上がると殿方はまだゆっくりしている。

20分ほど待っただろうか? 湯あたりした主人が青い顔をして出てきた。

なにもそんなに長く入ってもとを上げなくてもいいのに・・・・

IMG_9502
 

 すっかり日が暮れていた。極楽寺はすでにライトアップされていた。

 IMG_9510
 

 宿に帰り、夕食をとる。炭火焼きをいただく。

いつもなら牛肉と言えば長男が調理してくれる。宿のお肉も美味しいのだけれど

親ばかで・・長男が調理してくれたお肉が一番のように思える。

食事を終え、部屋に戻り、WBCをテレビ観戦し、日本チームの頑張りに感激する。

 

翌朝は早速朝風呂を決め込み、にごり湯も透明湯も、露天風呂にも入って来た。

露天風呂にはアセビ(馬酔木)と柊南天が花を咲かせていた。

  嗚呼・・・気持ちいい!!

 

さて朝食も済ませ、どこに行こうかと迷った。

港は寒いし、中華街はと言うと中華料理は食べないと主人は言う。

北野異人館に決めた。

 

車で移動すること1時間程だっただろうか。

1時間で廻れるコースのチケットを買い、5箇所見て廻った。

IMG_9526

 

英国館で写す。ちょっとライトが邪魔!映画に出てくるような光景だった。

IMG_9529

仏蘭西館の家具が特に豪華だった。夢のような生活だったろうと思う。

特別大事な家具であろう。触らないようにロープがしてあった。

        タイプライターもクラシックだ。

 

IMG_9532

 

バスまでクラシックで素敵!異国情緒をしっかり満喫した。

次は元町でちょっぴりショッピングを楽しんだ。 

宿泊したホテルはサービスがとてもよかったが夕食がさっぱりしていたので

北野異人館を出てから焼肉の美味しい所を尋ねて行った。行き先は神戸市兵庫区

松原町にある「三田牛飛苑」イチローも良く行くところらしい。

お腹いっぱい食べてもそれほど高くなかった。主人も次男も十分満足した。

 

今回運転手として同行してくれた次男は2年前、体調を崩して我が家に帰ってしばらく

休み、求職したが地元ではなかなか希望する職業が見つからず、1年職業訓練学校で学び、

やっと希望する就職先を見つけた。氷上の自動車屋さんで最初2ヶ月間は氷上で研修し、

その後神戸に配属予定である。    うれしい・・ほっとする・・でもさみしい・・

 

この旅行で親子が結構話ができたし、何より主人の還暦と次男の新たな就職の祝いを兼ねた

ようなもの・・やっと見つけた彼の門出に、主人の還暦に私の勝手な押し付けですが・・・

はなむけに開花したばかりの桜を送りましょう。

 

IMG_9638

 

 

       丹後には ええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、 牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店、 ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし 京野菜などのごはん充実。手摘みの ブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。