janear

先日、三男が住む東大阪に夫婦で行って来ました。

連休だったので高速が渋滞で4時間もかかってしまいました。

父の四十九日法要も終え、三男の顔が見たくなっての思いつきです。本人も元気に頑張っている

様子です。仕事明けで次の日も休みで私達に付き合ってくれると言います。

 

部屋に入るとわんこが待っていました。「ジャニー」です。

まあ・・このわんこが賑やかで張り切って接待してくれます。

可愛がりすぎてあほなのか・・・

janear.goron

動物を撮りたいと日頃から思っていたので絶好のチャンスです。

あまりに落ち着きが無いので押さえ込み!

janear.urei

うるさくてうるさくてとても休めない!縦横無尽に部屋を走り回る。いっぱい撮ったけれどまともなのは

これ3枚だけです。

次の日の行き先を3人でいろいろ相談するのですがなかなか決まらない

とうとう朝になってから奈良の平城京跡に行こうということになりました。

heijokyo

これは平城京の復元です。

平城京から長岡京に遷都されるとき全部解体され長岡京に持って行ったのだそうです。

いわゆるエコですね!

1300年前の和銅3年(710年)、約20キロメートル南の藤原宮(奈良県橿原市)から平城京に遷都され、奈良時代は幕を開けました。奈良時代は、この平城京に遷都された710年から長岡京に遷都される784年までの74年間をいいます。その後長岡京は10年しか続かず、794年には平安京(京都)に遷都されました。

平城宮(へいじょうきゅう、へいぜいきゅう)は奈良の古都平城京大内裏1998年(平成10年)12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界文化遺産に登録された(考古遺跡としては日本初)

藤原京から平城京への遷都707年(慶雲4年)に審議が始まり、708年(和銅元年)には元明天皇により遷都の詔が出された。しかし、710年(和銅3年)3月10日 (旧暦)に遷都された時には、内裏大極殿、その他の官舎が整備された程度と考えられており、寺院や邸宅は、山城国長岡京に遷都するまでの間に、段階的に造営されていったと考えられている。740年(天平12年)、恭仁京難波京への遷都によって平城京は一時的に放棄されるが、745年(天平17年)には、再び平城京に遷都され、その後784年(延暦3年)、長岡京に遷都されるまで74年間都が置かれ政治の中心地であった。山城国に遷都したのちは
 南都(なんと)とも呼ばれた。

810年(弘仁元年)9月6日平城上皇によって平安京を廃し平城京へ再び遷都する詔が出された。これに対し嵯峨天皇が迅速に兵を動かし、9月12日、平城上皇は剃髪した(薬子の変)。これによって平城京への再遷都は実現することはなかった。

 

heijokyo,

天皇の御座所です。梁の上には十二支の絵が飾ってあります。

rankan

欄干から西大寺方面を望む。全く広大です。背後には遠くに朱雀門があります。

 

heijokyoteien

三男と積る話、たわいもない話をしながら平城京跡の庭園を散策しながらもと来た駐車場に戻る。

天候に恵まれず綺麗に写真が撮れなかったのは残念ですが・・

その後東大阪にある司馬遼太郎館に行って来ました。私達には高尚過ぎました。

疲れも手伝ってビデオを子守唄代わりに眠ってしまった。

八尾でショッピングをして夕食に串カツを食べて、解散、帰路に着きました 。

帰りは渋滞することなくスムーズに帰ることができました。