三段峡黒縁を渡船で渡る

船頭さんにゆっくり黒淵を案内してもらいます。

この黒く見える部分は、深水50mほどあって淵が黒いところから黒淵と名付けられたそうです。

とにかく水がきれいで、冷たい。はえがいっぱい泳いでいます。

国の特別名勝である全長13kmの峡谷。原生林と岩壁が織り成す雄大な景色を遊歩道から望める。見どころは「五大壮観」(黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝)。静かに澄み切った「黒淵」と、岩壁が迫る細い水路「猿飛」には夏になると渡舟が運航。歩いて迂回もできるが、散策の休憩もかねて舟上から見る自然の造形美は最高だ。   カンパイ広島県 HPより
黒淵から帰りに赤滝を撮る。
いつか、紅葉のシーズンにまた登りたい。いいところでした。