連休の慰安に夫婦で和歌山県の那智勝浦、那智の滝に行って来ました。

夫婦で出かけるのは久しぶりです。前日の午後一時に出発して夕方6時に宿に到着して、翌日8時半に那智山に投薬しました。

那智滝 – Wikipedia

那智滝(なちのたき)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智川中流にかかる。石英斑岩からなるほとんど垂直の断崖に沿って落下し、落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートルに達し、その姿は熊野灘からも望見することができる[1]。総合落差では日本12位だが、一段の滝としては落差日本1位。華厳滝袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられている。

次は瀞峡へ行く道中の景色です。

綺麗な山に黄色が鮮やか、椎の木の花なのでしょうか・・

あちこちに滝が見える。珍しくもなんともないように・・名前すらついていない。

ここは日本で一番雨量が多い地域らしいです。大自然に囲まれての旅です。

次は瀞峡