GW主人と今福の滝へ行く

連休終盤に主人と大成古墳群と宮津の今福の滝に行って来ました。
京都府宮津市今福地区内にある名瀑のひとつである今福の滝 は、大小さまざまな滝を併せて「 7段 」から構成される、滝の総称となり、実に総落差78.2メートルを誇る、名瀑となっています。
主人に三脚を持ってもらい、駐車場から歩くこと30分ほど・・・
展望場から少し手前の右下に滝壺に向かう細道があります。主人はそちらに、私は展望場に上って主人を待ちます。なかなか来ません。仕方がないので手持ちで撮り始めました。40分ほど経ちましたがまだ来ません。もう先に降りたのだと思い、駐車場に降りました。いません!携帯をかけますが繋がりません!迷子だ!
重いカメラは車の傍に置いて、再び上ります。大きな声で呼びますが、応答なし!岐路に着いたところで三歳頃の子供連れの家族が降りてきたので「70代頃の男性を見かけませんでしたか?」と尋ねると「頂上に上って行きましたよ。」
展望場まで上ると三脚が置いてあった。よかった。熊に襲われていなかった。30分ほど待つと主人が降りて来ました。主人は私がいないので頂上まで探しに行っていたというのです。やれやれとんだ珍道中! チャンチャン!
木、自然、滝の画像のようです

Follow me!

GW主人と今福の滝へ行く” に対して1件のコメントがあります。

  1. 溶射屋 より:

    ジョイクックおくださん

    おはようございます。

    ここは心が和む場所のようです。

    滝はいいですよね。

    涼しさがつたわってきます(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です