7月17日、朝爽やか・・・京丹後もすっきりと梅雨明けになった。真っ青な空が広がる。

配達帰りにハンゲショウを撮りに行ったが白飛びしてしまって全滅・・・悲しくなってしまう。

ならばユウスゲがある・・前回comeさんはユウスゲ撮影に参加していない。誘っていくことにしよう。

電話をすると快諾だった。道順が分からないcomeさんは我が店に5時半ごろやって来た。

さっさと仕事を片付けてユウスゲ咲く箱石へ向かった。

途中、meganeさんから電話があった。Iさんに、家が法事があるからいけないと伝えてほしいと・・

ojisansatueitai-440

先ず最初に驚いたのは私が小学校6年生の時の担任の先生が居られたこと。

永留のTさんが居られたこと。

向こうの方からIさんが上がってくる。

しめしめ・・これで撮影の仕方を教えてもらえる・・

_MG_8035

黄昏時、夕日がユウスゲに差し込むところを撮影したいが普通の撮影です。

_MG_8047-440

夕日を向こうに逆光のユウスゲです。comeさんと私はIさんに張り付き!!指導を受ける。

 恩師が出来の悪い生徒を心配してやって来られた。けれど今までいい加減に撮ってきた

私は先生の言葉が意味不明・・・ユウスゲが沈んでいると言われる。

いえ、これは夕日ということで・・・

_MG_7737

都会から来たらしいカメラマン、そしてユウスゲ

_MG_8063

_MG_8098

遠くに漁火が見える。以前からこれが撮りたかった。望遠で撮るには構図上

私には無理だった。

_MG_8124

もう手元はすっかり見えにくくなった。まだまだ教えて欲しいところだらけ・・

名残惜しいが退散することになった。comeさん、Iさん、私に付き合って下さって

ありがとうございました。とても楽しかったです。

撮影を通して色んな方とのふれあいやつながりができ、教わることばかりです。

もっともっと勉強して教えてもらう内容が分かるようになりたいと思います。

きれいな海ええもん、うまいもんで一杯の丹後では海水浴マリンスポーツバーベキューも楽しめます。 お米京野菜美味しい丹後の地酒はもちろん、手作りアイスクリーム、手摘みのブルーベリー19世紀の味の店など盛りだくさん。お泊まりは料理自慢、でのんびりゆっくりと出来るお宿へ!!療整院開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。