9月12日日曜日いつものようにお刺身を造って店頭に並べ、ニギリのネタを惣菜に渡し・・・

急にお腹が差し込んできた。家に帰ると告げカメラバックを持参して車へ・・

えええ・・なぜカメラがいるの・・

前日越江さんにお米を注文した。ついでに稲刈場所を尋ねた。もしかしてお邪魔させてもらう旨伝えた。

が曇り空だったし、忙しくて行けなかった。

この日は運良く天気予報がはずれ、晴天だった。お腹が差し込んできたのを良いことに、一休みして

昨日の場所に直行!しかし、いない!諦めて帰ろうとターンして時、エチエ農産のコンバインが

乗ったトラックを見つけた。後につく。まるで追っかけ・・

丸山方面に右折、永留で右折、一体どこまで行くのだろう。

ついたらmeganeさんの撮友のIさんの田んぼだった。

_MG_9212-2

田んぼに張ってあったテープを切り、コンバインが入っていく。

_MG_9217-2

_MG_9219-2

田んぼの四隅を刈ってゆく。

_MG_9220-2

この最新式のコンバインに掛かれば一枚の田んぼをわずか10分程で刈ってしまう。

_MG_9221-2

刈り残した稲を刈る助手の人の仕事も大きな助けです。

_MG_9222-2

刈った稲は茎、葉は田んぼに撒かれ、田の堆肥となる。この車は刈入れの

籾を待っている。これも助手の補佐が必要なのです。

 

さあ、写真も写させてもらったし、もう帰らなければバレてしまう。ほほほ・・・

帰るとさっそく長いトイレだったね!だって。

次の日、越江さんから新米が入ってにぎりやおにぎりになって店頭にならびましたよ。

きれいな海ええもん、うまいもんで一杯の丹後では海水浴マリンスポーツバーベキューも楽しめます。 お米京野菜美味しい丹後の地酒はもちろん、手作りアイスクリーム、手摘みのブルーベリー19世紀の味の店など盛りだくさん。お泊まりは料理自慢、でのんびりゆっくりと出来るお宿へ!!療整院開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。